交通事故による慰謝料の悩みや不安は弁護士に相談して解消しよう。

基本情報

必見情報サイト

有用情報サイト

有用情報サイト7

自信がない遺言書作成は弁護士へ

生半可な知識で遺言書作成をしても、いざ裁判になれば意味をなさないという事もあるため、注意して作らないといけませんね。その際に、自信がないのであれば弁護士に遺言書作成の作業を依頼する事もできます。

自信がないのに遺言書作成をしていると、無駄に時間を費やすばかりという事もあるかと思います。ですので、自信がないなら最初から無理に自分だけで行う事を選択しないで、弁護士というプロに相談する事を考えたいですね。

弁護士は普段の業務として遺言書作成を行っている事も多いので、弁護士に任せるのはいい手段と言えるでしょう。遺言書作成を弁護士に行ってもらうのであれば、完成するのを待つだけですね。

相続前に遺言書作成などを依頼

生前にできる相続時のトラブル防止策としては、きちんと遺産の配分を決めた遺言書を作成しておく方法があります。 法的に効力がある遺言書の作成方法は、法律の専門家などが詳しいので、相談しながら作っていったほうが確実です。

相続に関しての様々な手続きを業務として行っている事務所を探し、生前から相談をしておけば、相続が行われた際にもサポートを受けることができ、円滑に手続きを進めていくことができます。

大阪など大きな都市にもそういった案件の経験が豊富な法律の専門家がたくさんいるので、生前から相談しておくと良いでしょう。

遺言書作成のときは印鑑を用意しよう

自分の死後に、自分の意思を親族に伝えるためにも遺言書作成は非常に重要な意味を持っています。あとでいいやと思わずにできるだけ早めに作ることがおすすめです。遺言書作成の時に必要な物は紙とペン、そして重要なのが印鑑です。

遺言書にはさまざまな形態が存在しますが、どの遺言書にも必ず印鑑は必要になります。なお、実印がいいのかそれとも認印がいいのかという判断はそれぞれ異なります。

自筆証書遺言の場合は必ずしも実印でなければならないというわけではありません。拇印でも適応されるという判例もあるほどです。公正証書遺言、秘密証書遺言の場合は必ず実印が必要となります。

遺言書作成の費用について

大阪で遺言書作成をしたい場合には、それぞれの法律事務所の費用の相場をじっくりとチェックすることが求められます。 とりわけ、サービスの質の高い事務所の選び方については、ネット上でしばしば意見交換が行われることがあるため、いざという時に備えて、しっかりと知識を身に着けることが良いでしょう。

また、遺言書作成のテクニックをマスターしたい時には、ある程度のテクニックが必要となることがありますが、空き時間を使いながら、同年代の人の意見を参考にすることによって、将来的な負担を解消することができるといわれています。

遺言書作成で封筒に入れる必要はあるか?

遺言書作成をする場合、封筒に入れなくても無効にはなりません。遺言の要件を満たしていれば遺言書として有効になります。 しかし、遺言書作成の方法が公正証書遺言ではなく自筆証書遺言である場合は他人による改竄の可能性がある為、それを防止する意味で封筒に入れて封印するのが良いでしょう。

この場合、のり付けした上で封じ目に印鑑を押印します。表に遺言書と記載し、裏に作成日と署名を記載し押印をします。ここで押印する印鑑は遺言書に押した印鑑と同じものを使用します。このように封印をしておくことで、遺言内容の秘密が守られ、改竄されることを防止できます。 遺族が遺言書を発見したときに開封しないように、開封しないで家庭裁判所に提出することと書いておきましょう。

遺言書作成の際に相談するには

遺言書作成にあたり、誰かに相談したいと考える方は多いはずです。普段なかなか作るものではありませんし、いざ作成したとして、それが相続人に対し大きな影響を与えることを考えると下手な内容のものは作ることができないでしょう。

実はどのような内容にしたいかで相談する相手は異なってきます。例えば不動産に関するものがメインの場合は「司法書士」、遺留分を侵害するようなトラブルが出る可能性がある場合は「弁護士」へ、そこまで重大なことではなく比較的スムーズに事が運べそうな場合は「行政書士」、といったように遺言書作成は様々な人に聞いて作ることができます。

遺言書作成の際に公正証書遺言を選ぶメリット

遺言書作成の際には、信用力の高い公正証書遺言にこだわることによって、将来的なトラブルを未然に回避することができます。 特に、公証人役場における手続きの進め方については、一般の消費者にとって判断が難しいことがあるため、早期に弁護士や司法書士などの専門家からアドバイスを受けることが良いでしょう。

また、遺言書作成にかかる必要の相場に関しては、多くの消費者の間で話題となるケースが増えてきており、実績のある法律事務所のパンフレットやカタログなどを参考にすることによって、いざという時にも冷静に判断をすることが可能です。

遺言書作成時の自筆証書遺言の書き方

遺言書作成をするとき自筆証書遺言という書き方があります。これはすべて自分ひとりで書く遺言のことです。代書やパソコン、テープレコーダーではなくすべて本人が記入します。遺言書作成した日付を記入し、署名、捺印をします。

書き終えたなら紛失しないように気をつけて保管しましょう。さらに封印はしてもしなくても良いようですが、変造を避けるためにも封印することをおすすめします。自筆証書遺言は公証人の世話にならないため費用もかからずいつでも書けて手軽に作成できるので多くの方がこの方法を利用しています。でも民法に定められたとおりに作成しないと無効になってしまう場合もあるのでしっかり確認しながら作成することをお勧めします。

遺言書作成には弁護士がいると安心

遺言書を作成するにあたって、弁護士に関与してもらうと安心できます。それはなぜかというと、第三者が関与した方が偽造や改ざんの可能性が低くなるため、法的に効力が強まるのです。遺言書作成自体はネットや書籍などを参考にして書き上げることが可能かと思いますが、この法的なお墨付きというものだけは弁護士にお願いしなければ得ることはできません。

法的により強固な遺言書を残したいという人は第三者に介入してもらうべきでしょう。遺言書などそういった遺産関係の問題を得意とするような事務所もあるようです。大阪など事務所が多く迷うところではネットで評判を見て比較してみるのもいいかもしれませんね。

遺言書作成をする時期とは

遺言書作成イコール遺書と考える方も多い様ですが、残された家族のことを考え、ライフスタイルの変化とともに遺言書を考えることが大切と言われています。ライフスタイルの変化とは、結婚した時、子供が生まれた時、マイホームを購入した時、会社を定年退職し、退職金が出された時、配偶者を亡くした時などが、ライフスタイルの変化の大きな変化の時期と言えます。

このような時期に残された家族や親族のことを考え、遺言書作成の適正な時期と言えます。大阪や東京などの専門機関が多数ありますので、一度相談してみることをお薦めします。

遺言書作成 の方法を選ぶ理由

遺言書作成には三種類の方法があります。自筆証書遺言と公正証書遺言と秘密証書遺言です。形式に従って書いていなければ、法的に無効になってしまうという危険や、紛失の心配はありますが、自筆で書いて自宅に保管しておける、自筆証書遺言書が最も手軽で、簡単なので利用しやすいと思います。

公正証書遺言は、書くときに証人が二人必要であることや、公正役場に出向かなければいけない事などの手間がかかりますが、大阪には公正役場もたくさんあります。手数料がかかる事などを考慮しても、記載の不備や紛失の心配がなく、遺言書を家庭裁判所に持ち込む必要のない事などから、最も確実なものだと思います。

自分に合った遺言書作成 の方法

遺言書作成には、大まかに二通りの形があります。自筆証書遺言書と公正証書遺言書です。大阪の方が遺言書を作成する場合には、自筆証書遺言書であれば、自宅の自分の部屋で、誰にも内容を知られずに書く事ができます。

公正証書遺言所の場合には、大阪の管轄の公証役場で書くことになります。証人が二人必要です。この場合の証人は、利害関係の無い第三者である、弁護士や行政書士などに依頼するのいいと思います。適当な証人が見つからない場合は、公証役場で証人の紹介を依頼する事も出来ます。遺言者が言った内容を公証人が筆記していくという形式になります。

遺産相続手続き・遺言書作成に関する記事