交通事故による慰謝料の悩みや不安は弁護士に相談して解消しよう。

基本情報

必見情報サイト

有用情報サイト

交通事故慰謝料で弁護士に依頼すべきかどうか

きっと、交通事故慰謝料で弁護士に依頼すべきかどうなのか迷う人もいるかもしれませんね。

交通事故の慰謝料については常に弁護士がいないと解決できないというケースだけではありません。もちろん、自分が交通事故で負った怪我などに対してきちんと満足できる慰謝料を相手が支払ってくれて、トラブルなく話を終える事ができたのであれば、いい解決ができたと言えるでしょう。

しかし、とても受け入れる事ができない様な金額を言い渡されてしまった場合や、口論になってしまった時などには弁護士がいるとスムーズに話が進む事もあるでしょう。

判断しかねる時には、無料相談などで話をしてみる事もできるかと思いますが、どうするかは基本的に自分で決定する事になります。

交通事故慰謝料における症状固定とは

交通事故にあって怪我をしてしまった場合に治療をして改善させていく事が一般的ですが、ある程度のところまでいくとなかなか改善の兆しが見えな無くなってしまう場合があります。

これ以上治療をしても改善する可能性がないときは、症状固定と診断される場合があります。 ここで大事になってくるのが症状固定のタイミングでこの時期が適正でないともらうべき金額が低くなってしまう可能性があります。

弁護士に依頼するだけで適切なタイミングがわかるので、最適の交通事故慰謝料をもらう事が出来るようになります。早めに妥協してしまうと低い等級での支払いになりますから注意が必要です。後遺障害は専門の弁護士が得意にしている場合があるのできちんと選んでいたいく事が大事です。交通事故慰謝料はタイミングが大事です。

加害者は交通事故慰謝料とは別に弁護士費用も支払う?

交通事故の加害者は、損害賠償と交通事故慰謝料を支払う必要があります。これは、民法の不法行為の条文に定めが置かれています。そして、弁護士費用は通常はこれに当たらないので、加害者は支払う必要はありません。ただし、裁判実務では、認容額の1割ほどを弁護士費用の損害として認めています。つまり、一定程度は、加害者はこれを負担しなくてはなりません。

示談の場合は、多くは保険会社との交渉となりますが、普通は支払うことは有りません。つまり、交通事故慰謝料と損害賠償以外には金銭をもらうことはできません。そのため、事前にどれくらい弁護士に頼んだ場合のお金が必要かはあらかじめ調べておく必要があります。そうでないと、依頼するのにかかったお金が、示談金や認容額を下回ってしまう可能性も無きにしも非ずだからです。特に、裁判の場合は、自分の請求が部分的にしか認められない場合には、そういった事態になりえます。

加害者としては、以上のような事情なので、示談として支払う必要はありません。ただ、保険に加入している場合は自分が交渉をするわけではありませんので、あまり気にする必要はありません。いくら保険会社が支払っても自分には負担にはならないからです。

ベストな対応をしたい交通事故慰謝料

時間が経った時に、あの時交通事故慰謝料においてもっといい対応をしておけば、金額が変わっていたかもしれないと思う様な事がない様にするためにも、解決すべき時にベストな対応を行っておきましょう。

交通事故慰謝料については、すでに問題を抱えている人が法律家に相談を持ち掛ける事もありますが、こちらとしてベストな対応をするために、交通事故慰謝料の事で弁護士に対応をお願いする事もあります。交通事故慰謝料に関する対応を弁護士が行った場合には、より高度な話合いに対応する事もできます。これからの自分自身の生活の事を考えると、やはり交通事故慰謝料は欠かす事ができない大事なものとなります。

増額してほしい交通事故慰謝料

自分自身が受け取る交通事故慰謝料があまりにも安いと感じた時には、弁護士に判断してもらいましょう。そして、弁護士も交通事故慰謝料が安いと判断した場合には、相手側に交渉する事ができます。弁護士は法的に交通事故慰謝料が適正金額となる様に働きかけてくれます。

自分で交通事故慰謝料を何とかしようと思っても、知識がなく、また交渉力に乏しい事もありますので、増額を実現するという事は難しい場合もあります。交通事故慰謝料の増額を得意としている弁護士もいますので、困った時には助けを求める事によって、無事に解決したという事例も過去にはたくさんあります。少ない場合にはぜひ増額を目標にしましょう。

交通事故慰謝料の詳細内容とは

交通事故慰謝料の詳細内容は細かく設定されていて、大きく分けて3つに分けることが可能になります。基準の中には最低限の保証がある自賠責保険基準や、加害者側が加入している任意保険基準、弁護士が制定している弁護士基準などの基準があります。

この基準のなかで、基本的には加害者側が加入している保険会社との、示談の交渉がはじまります。一般的に加害者側の保険会社は、安くあげようとしてきますので、安い金額での基準を伝えてくるケースが多くあります。そうなってしまうと、同じ事例においても格安の慰謝料になってしまいます。

交通事故の慰謝料に関する記事