交通事故による慰謝料の悩みや不安は弁護士に相談して解消しよう。

基本情報

必見情報サイト

有用情報サイト

必見情報サイト5

よくある事例が交通事故慰謝料を高くする

よくあると思われている事例ほど、高くする要素を持っているため、交通事故慰謝料では重要視されています。かなり重要なものと判断されているようなら、相当な影響を与えるようにして、金額が変わってしまいます。

大きな金額に変わってしまうなら、事例の影響によって大きな損失があると判断されてしまい、交通事故慰謝料を増やしてしまうのです。できる限り減らしたいと思っている側と、多くしたいと思っている側があるのは間違いないことですが、どちらが有利になるかはわかりません。実施されている方法に左右される傾向も出ています。

交通事故慰謝料の延滞金とその失敗事例について

 交通事故慰謝料には、延滞金がつく場合もあります。交通事故の発生時から、被害者は肉体的精神的苦痛を受け続けるわけですが、交通事故慰謝料が支払われるのは、損害額が確定し、示談が成立してからになるのが一般的です。それは数か月後という早い時期になることは稀で、数年後になることが多いです。

その間、被害者は交通事故被害によってもたらされたさまざまな臨時出費に対応し、その費用を自己負担していかなくてはなりません。本来、交通事故の賠償金は、被害が生じた直後から支払われるべきものです。被害者に被害によって生じた諸費用を、一時的にでも負担させるのは望ましくないことです。

 被害者は、交通事故発生時から、賠償金が支払われるまでの期間に対し、年5%の延滞金を請求することができます。ただ、被害者が個人で加害者側と交渉していて、加害者側がその請求に応じる事例はまずありません。加害者が任意保険に加入している場合は、任意保険会社が示談の交渉相手となります。

被害者が個人で太刀打ちできる相手ではありません。被害者が裁判をして請求すれば、認められるという状況になっています。また、示談交渉に入る前、できれば交通事故直後から弁護士に依頼しておくと、スムーズに交渉が進む場合が多いです。

結構厳しい事例は交通事故慰謝料で相談が必要

結構厳しい事例と判断されて、交通事故慰謝料を多く支払うことが確実だと思っているなら、当然相談していく必要もあるでしょう。弁護士に相談して、何とかして減額できる方法がないか確認してもらいます。

減額できる状況となっているなら、より安心できる何かが得られる可能性もあります。減額したいと思っている時には、十分に相談して結論を出して、成功させられるようにしましょう。計画的に考えていかないと、大きな問題が生じる可能性もあります。大きな交通事故慰謝料を減らしていくのは相当難しい傾向ですから、事例によっては全く対応できない場合もあります。

交通事故慰謝料の事例について

交通事故慰謝料の事例については多くの人はあまり知られていませんが、交通事故弁護士を雇うことで、より良い事例が多数あるようです。一般的に多いとされているのが、交通事故慰謝料についての金額の引き上げになります。

慰謝料については3つの基準がありますので、この基準を変えることで大幅に引き上げが可能になるようです。この基準の交渉についてはやはり交通事故弁護士がおこなうことで、有利に動くようです。一番高い弁護士基準での慰謝料になりますと倍以上違うようなケースもありますので、交通事故弁護士に依頼したい人は増えている傾向にあります。

交通事故慰謝料を打ち切りされてしまった場合の事例とは

交通事故慰謝料にはいくつかの計算基準があります。一番安い基準は自賠責保険の基準です。 自賠責保険の基準では、交通事故で負ったケガの治療期間と実際に治療のために通院した日数の2倍を比較し、いずれか少ない日数分の慰謝料が支払われる仕組みです。交通事故慰謝料については、他の賠償金とともに相手の保険会社と示談交渉を行って金額や内容を決定します。

ここで、相手の保険会社から慰謝料を打ち切りされてしまう事例があります。 交通事故でケガをすると、打撲など最初のケガの治療がひと段落しても痛みやしびれ、神経痛などの後遺症状が続くことがあります。例えばむちうち症などはその代表です。

接骨院や整骨院の中には、各種の保険取り扱いでむちうち症などの交通事故の後遺症治療を専門に行っている治療院があります。こうした接骨院や整骨院では、交通事故の瞬間にずれたり歪んだ骨格や関節を正して後遺症の原因を取り除いて根本からの治療をしています。

交通事故慰謝料について決定する示談交渉の中で、相手の保険会社はこの接骨院や整骨院での治療を日数に含めず慰謝料を打ち切りとされる事例があります。そのまま保険会社のペースで示談に応じてしまうと被害者は損をしてしまいますので、相手の保険会社から慰謝料を打ち切られてしまったらすぐに交通事故トラブルが得意な弁護士に相談するのが最善です。

交通事故慰謝料の事例の相談は法律事務所、弁護士法人リーガルプラス

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階

船橋・津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1

https://legalplus.jp/

交通事故の慰謝料に関する記事