交通事故による慰謝料の悩みや不安は弁護士に相談して解消しよう。

基本情報

必見情報サイト

有用情報サイト

交通事故弁護士に依頼して慰謝料を増額する

交通事故の被害者となった場合、示談交渉により加害者側に慰謝料を請求することになります。しかし近年では、加害者側は保険会社を代理人とすることが多く、法律に関する詳しい知識を持たずに交渉を行うと、加害者側に有利な金額になってしまう可能性が高いのが現状です。

納得できる示談交渉を行うためには、交通事故を専門に扱う交通事故弁護士に依頼しましょう。交通事故弁護士に依頼する最も大きな利点は、慰謝料や損害賠償金の増額を見込めるようになることです。示談に関する様々な手続きも代行してくれるので、治療に専念できる安心感もあります。保険会社や加害者は最低限の金額で済まそうと交渉を行うので、弁護士に依頼せずに示談を成立させてしまうと、相場より少ない金額しか支払われなかったり、事故の影響で後遺症が残った場合の補償が行われなかい可能性があります。

示談交渉は、身体に与えた影響だけでなく、精神的苦痛を被ったことに対する金額を支払ってもらうよう、権利を主張することができる場です。もしも示談が成立してしまうと原則的に、同じ損害に対する請求は不可能となります。専門的な知識が豊富な交通事故弁護士ならば、被害者側の主張すべきことをきちんと示談の場に持ち込み、適切な金額を要求することができます。

交通事故弁護士を依頼するのにかかる費用の相場は?

最近では交通事故弁護士を立てるのが主流となっていますが依頼するのにかかる費用の相場はどのくらいなのかを千葉や茨城をベースに紹介します。まず、交通事故弁護士に依頼するのに必要な着手金が必須となります。着手金というのは、弁護をしてもらうための活動費用です。こちらの相場は大体20万から30万程度の金額です。

またこの時点で相談料をいくらか取る弁護士事務所もありますが近年では無料としているところが多くみられます。そして肝心の報酬金ですが経済的利益の10%から20%ほどかかるのが一般的です。また報酬金にいくらか上乗せされる事が多く、大体の上乗せ金額は20万から25万円ほどです。一般的に事案を解決するまでトータル100万円ほど用意しておけば余裕ができるのではないかと考えられます。

中には上乗せ金額が多いケースで、着手金を0円としている法律事務所もありますのでいくらかでも安く弁護してもらえる事務所を探すのがオススメです。また、日当や事案に絡んだ通信費や印刷費などは依頼者負担になる為その点も踏まえて行動しましょう。そして一番いいのはインターネットを駆使し、交通事故の事案に強い実績のある弁護士を見つけられるのが解決まで円滑に進むので理想的です。

損害保険の特約で交通事故弁護士を依頼できる

千葉・茨城には交通事故問題を専門に取り扱っている弁護士事務所があります。 交通事故の被害者になってしまうと、治療費・持ち物・収入・精神的なダメージと多岐にわたる損害を被ってしまいます。被害者はこうした損害について相手に損害倍賞請求でき、賠償請求の内容や金額は相手の保険会社と話し合う示談交渉で決定します。

相手の保険会社は示談交渉のプロです。それに加害者からの賠償金を実際に支払う立場にあるので、なるべく安い金額で示談成立に持ち込む傾向がありますから注意が必要です。千葉・茨城で交通事故の被害者になってしまったら、示談交渉で損をしないために交通事故弁護士のサポートが必須です。交通事故弁護士は被害者の立場で交渉を代行し、相手の保険会社が提示した金額を精査して不足があれば正当な金額に増額の交渉をします。

弁護士に相談するとなると、その費用が心配という方が少なくありません。損害保険の自動車保険には、弁護士費用特約を付けることができます。これは、事故に巻き込まれて被害者になってしまい交通事故弁護士に相談する費用を損害保険の自動車保険で補償するという特約です。 弁護士費用特約は通常オプションなので付加するには別途保険料が必要ですが、万が一被害者になってしまった時には弁護士相談により受け取れる賠償金の大幅な増額も可能なので付けておきたい特約です。

報酬と費用は契約前に交通事故弁護士としっかりと話し合う

交通事故弁護士に仕事を依頼する場合は、契約前に報酬や費用のことについて話し合うようにしましょう。良い弁護士は、きちんとどれくらいの費用が掛かるかについて見積もりを出してくれますし、もし追加で何かしなくてはならないことが生じた場合には、事前に説明をします。

これをきちんと確認することは何故重要なのかというと、それによって交通事故弁護士に依頼したほうが良いかどうかを判断することができるからです。場合によっては、依頼し他としても得られる賠償金が低く、依頼することが赤字になってしまうことがあります。それを事前に察知するためにも、料金体系はきちんと契約前に確認しておく必要があります。

実際は、成功報酬は、勝ち取った金額のいくらかを割合で支払うようになっているため、赤字になることは少ないですが、得られる見込みが少ない場合は、着手金や実費を考えるとマイナスになる可能性は十分にあります。その点は、弁護士に相談した時に、どれくらいの見込みがあるのか、これは弁護士に依頼したほうが良いのかなどを聞いておきましょう。良心的な弁護士は、お金になれば何でも引き受けるのではなく、相談者にとって何がベストなのかを提示してくれます。

千葉の交通事故弁護士リーガルプラス 千葉交通事故法律相談。

交通事故弁護士の探し方は地域性を重視する

交通事故の問題を弁護士に相談したい場合、当然ですが交通事故問題を得意とする弁護士を探して相談する方が有利です。探し方はホームページや比較サイト、ポータルサイトなどインターネットから検索したり、各弁護士会に相談したり、法テラスなどから紹介してもらう方法など様々です。弁護士は法律のプロとして幅広い問題に対処可能ですが、それぞれ得意とする専門分野があります。

交通事故弁護士はその名の通り、交通事故問題に関して豊富な知識とキャリアを持ち、多様なケースに対応できるのが強みです。大きな弁護士事務所では複数の弁護士を抱えているため、問題に適した弁護士が依頼を担当しますが、小さな弁護士事務所は得意分野に定めて依頼を受け付けていることが多く見られます。探し方のポイントとして、もし依頼したい優秀な交通事故弁護士がいても、遠方に事務所を構えている場合は依頼が困難となります。

実際に依頼を行うとなると、面会しての事情説明が欠かせません。インターネット上の依頼とメールや電話のやりとりだけでは、細かな相談が欠かせない示談交渉をスムーズに進めるのは難しいのが実情です。そのため、密な連絡を取るためにも地域性を重視し、最低でも同じ都道府県、さらに言えばより近くの弁護士の方を重視しましょう。

交通事故に関する記事