交通事故による慰謝料の悩みや不安は弁護士に相談して解消しよう。

基本情報

必見情報サイト

有用情報サイト

交通事故について

交通事故の中でも人身事故の慰謝料を相談
加害者の負担がより大きくなる人身事故は、小さい場合であれば対物事故として扱われてしまう事もある様です。やはりこれに対しては不満が残ります。

しかし、明らかに交通事故と因果関係がある怪我を伴っている場合には、きちんと慰謝料を請求したいですね。

慰謝料というのは、被害者のメンタル面の苦痛に対して支払う物ですので、対物事故の場合には支払われないケースもある様です。

交通事故の相談を持ちかける際には、医師にきちんと診断されたという証拠になる、診断書は必要になってきます。相談したら、後は弁護士が相手と話合いを行ってくれます。

警察に行って人身事故に切り替える必要があります。

保険会社が安く見積もる交通事故慰謝料を弁護士に相談

交通事故慰謝料には、自賠責・任意保険・弁護士または裁判という3つの計算基準があって定額化が図られています。しかし、どの計算基準を使って計算をするかで金額が変わってくるので、被害者は保険会社が提示してくる交通事故慰謝料の金額を見極めて交渉しなくてはなりません。

しかし、被害者に知識がないと交通事故慰謝料はじめ賠償金の金額で損をしないように相手の保険会社と示談交渉を進めるのは困難です。そこで、交通事故で被害者になってしまったら、できるだけ早く交通事故が得意な弁護士に相談して交渉を代行してもらうのが正当な賠償金を受け取るための最善策です。

交通事故で加害者との交渉は弁護士に依頼

交通事故を専門にしている弁護士は、被害者の味方という立場に立って示談交渉をサポートするのが業務です。 被害者は、被った損害分の賠償金を請求するにあたって加害者サイドの保険会社と示談交渉をします。示談交渉では、加害者の保険会社は賠償金を安く計算して早期合意に持ち込む傾向がありますから要注意です。

自分で示談交渉をするよりも、弁護士に相談をして示談交渉の代理人になってもらえば安心です。交通事故が得意な弁護士は、相手の保険会社が提示してきた賠償金額をチェックして不当な内容であれば被害者が損をしないよう最大限に引き上げた金額で再交渉してくれます。

交通事故の過失割合決定について弁護士相談

交通事故の損害賠償請求では、被った損害額を詳細に計算して、その金額から自分の過失割合つまり事故の時に自分にどれぐらいの不注意・落ち度があったかを示す割合分の金額を差し引いて相手に請求することになります。この仕組みを過失相殺といい、自分の過失分が大きいほど請求できる賠償金額は少なくなってしまいます。

過失割合についても、被害者対相手の保険会社で行う示談交渉で決定します。その際には、事故発生時の警察の実況見分書が参考にされます。交通事故が発生してしまったら、時間が経ってからではなくできるだけ早いうちに弁護士の先生に相談しておくのが安心です。弁護士の先生は、被害者が過失相殺で損をしないようにアドバイスをしています。

弁護士の交通事故の調停能力について

交通事故に遭った場合には弁護士に相談するのが最も良い解決方法と言われています。一般的にこの場合の調停は双方の保険会社が行いますが、保険会社の場合には保険会社基準と言われる補償額の基準が有り、この金額は低く設定されているほか、後遺症が残った場合などはその補償が満足できる額にならない場合が多いものです。

弁護士の場合には、独自の基準において相応学の補償を請求することが出来る上に、満足できない場合には裁判に訴えることもできるため非常に有利です。交通事故の調停は弁護士に依頼した方が好ましい結果が得られることが多いものです。

長期のリハビリと交通事故慰謝料

病院に通う事が求められるケースにおいては、交通事故慰謝料が発生します。しかし、それだけではなくて、長期のリハビリが必要な場合においても交通事故慰謝料を受け取る事ができます。生活に余裕がない人であれば、交通事故慰謝料は医療費や生活の足しになる事もあり、非常に重要だと感じられる事もあります。

そして、交通事故慰謝料の金額によって交通事故の解決が満足できるものとなるかどうかが決定する事になります。長期のリハビリが必要となれば、交通事故慰謝料が決定される際に、考慮されます。リハビリも機能を回復させるためには非常に重要となる事が予想されます。健康のためにも頑張ってリハビリを受けましょう。

交通事故慰謝料に矛盾を感じたら

人によっては交通事故慰謝料に矛盾を感じるという事もあるそうです。もし、交通事故慰謝料に矛盾を感じる様な事があった場合には、我慢をする必要はありません。どうしても法律事務所はハードルが高いという人であっても、最初は公的機関に交通事故慰謝料に関する相談をしてみるという事もできます。

また、交通事故慰謝料に矛盾を感じている人は、時間が経てば、その分解決はより一層難しくなるという事が予想されます。そのため、問題をそのままにしないで、適切な交通事故慰謝料を受け取るために行動する事をおすすめします。時間がかかる事があったとしても、きっといつの日か自分が臨む様な解決をする事ができるでしょう。

高齢者死亡事故の交通事故慰謝料の相談

今では高齢者でも、働いて収入を得ていたり、共稼ぎの子供夫婦のかわりに家事を支えている人もいます。そのような高齢者でも、車の被害で死亡事故に遭った場合の交通事故慰謝料の相場は、高齢者というだけで、低く設定されているものです。

ですが、家庭内での役割が大きければ、相場より高く支払われるケースがあります。遺族が保険会社に直接交渉した場合より、弁護士を立てることで1,000万も違ってくるようですから、まずは相談することが大切です。交通事故を専門とし、実績のある弁護士事務所を探すのが良いでしょう。交通事故の相談は無料で行っていますから、まずはネット検索で調べてみましょう。

高齢者の交通事故の慰謝料とは

一般に高齢者の場合、交通事故の被害に遭っても収入を得ていなければ、休業損害が保証されることがありません。ですが、共稼ぎの子供夫婦の代わりに、孫の世話や家事を行っていた場合など、このような立場にいた方なら、主婦業としての休業損害が発生することを、覚えておくことが大切です。

また、怪我の状態で介護が必要になった場合など、その点を含めた 交通事故の慰謝料 が支払われるようですから、そのためには事故による家族側の負担を、強く伝える必要があります。弁護士を通すことで、このような事例で、1,000万円増額したケースがあります。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故に関する記事