交通事故による慰謝料の悩みや不安は弁護士に相談して解消しよう。

基本情報

必見情報サイト

有用情報サイト

簡単にできる遺言書作成

遺言書作成には幾通りかの方法がありますが、もっとも簡単な作成方法は自筆証書遺言書です。紙とペンがあれば、いつでもどこでも作成できます。そのために無効になったり、紛失したり、いざという時に発見されなかったりなどのデメリットがあります。

手軽に書けるといっても、無効になってしまえば何の意味もないのです。必ず本人が自筆で記載する、記載した日付を記して、押し印をするなどはもちろんですが、法的に有効になる書き方をしなければなりません。公正証書遺言書と違い、相続が発生した場合は家庭裁判所の検認を受けなければなりません。

弁護士に依頼が可能な遺言書作成

遺言書の作成については世代を問わず、作成する人が増えているそうです。弁護士についてはこうした遺言書の作成についても、作成のサポートにあたってくれることがあげられます。

また、弁護士のみならず、司法書士や行政書士などの法律家においても、遺言書作成のサポートにあたってくれることができます。遺言書作成に関しては、残された家族の今後が関わってきますので、より慎重に作成していくことが求められています。法律家においては数々の法律的な知識のほかに、これまでのノウハウなども持たれていますので、遺言書を作成するにあたって参考にすることができるでしょう。

はじめておこなう遺言書作成

遺言書を作成してくなかで、はじめての場合においては疑問などがわく事は当たり前のことでしょう。そのような際においては、市販されている本や遺言書キッドを参考にすることができます。しかしながら、所有している遺産によっては、注意して遺言書作成をおこなうこが必要不可欠になることでしょう。

お金などの遺産内容においては、分けやすいことがあげられますが、不動産などの分けにくいような遺産も数多くあります。そのような場合においては、弁護士などの法律家に依頼することによって、スムーズに遺言書を作成することができるでしょう。

遺言書作成だって楽じゃない

楽に完了するから、とりあえず作ってみようと言われても、実際には楽なことがありません。結構色々な部分でチェックしていく形になりますし、どんどん内容の検索を進めていかないといけないのです。年齢の高い人にとって、考えていく力も減少しているわけですから、楽に作れるものではないと思ってください。

遺言書作成には、長い時間を使ってゆっくりと考えて、1日1文でもいいから記入していくのが望ましいです。最終的に完成したものを踏まえて、残しておくのが望ましいか検討して、最終的な判断をすることになるでしょう。時間はどれだけ使ってもいいです。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺産相続手続き・遺言書作成に関する記事