交通事故による慰謝料の悩みや不安は弁護士に相談して解消しよう。

基本情報

必見情報サイト

有用情報サイト

必見情報サイト4

交通事故の慰謝料以外に保険が保障するもの

皆さんが加入している保険は、交通事故の慰謝料以外に何を保障してくれますか。

交通事故の慰謝料は最低限、必要になる事が予想されます。

通常は、いろんな補償を組み合わせている事が多いと思います。多ければいいかと思いますが、常にそうとは限らない場合もあります。

例えば、あまりにも古い車に乗っている人であれば、高額な費用を支払って、修理代を補償してくれる保険に入っているよりも、新しい物を買い換えた方がいいと考える人もいるかもしれませんね。人それぞれライフスタイルなども違いますので、ベストな保険というのは同じではないでしょう。

自分にとってベストだと思える保険に加入したいですね。

交通事故慰謝料の請求等について

交通事故にあったことがある人は、あまり多くないと思います。もし、交通事故にあった時に、みなさんならどうしますか。多くの人は、まず警察に連絡をすると思います。

しかし、警察は現場検証等はしてくれますが、当事者間の問題には介入してきません。例えば、事故によるケガをした場合の通院費や賠償金等の問題です。当事者間で対応するには、なかなか解決できないケースがほとんどです。

このような場合、保険会社を立てるのが一般的です。保険会社は当事者間に入り、交通事故慰謝料の請求や対応を行ってくれます。ただ、交通事故慰謝料は、非常に揉めやすく、どうしようもない場合は弁護士に相談するのが良いでしょう。

怪我によって交通事故慰謝料は変化する

交通事故により相手に怪我させた場合、ケガの重症度により交通事故慰謝料は変化します。 慰謝料というのはいわば心の傷をお金で塞ぐのが目的になりますが、例えば骨折と意識不明では怪我の重症度は大きく異なります。重症度が変われば、心の傷も変動して当然です。どれだけ変動するかは被害者によるので、難しいところもありますが簡単に決着がつくとは思わないほうが良いでしょう。

ちなみに交通事故慰謝料は、被害者の親族に委ねた方が円滑に事が進みやすくなります。被害者は治療するだけで精一杯なのですから、当然だといえます。 交通事故慰謝料も償いになりますが、何より心を込めた謝罪が必要になるでしょう。

交通事故の賠償金は弁護士のサポートでアップ

交通事故の被害者には、相手に損害賠償請求をする権利があります。賠償請求の内容や金額は、相手の保険会社との示談交渉で決定します。被害者としては被った損害分の賠償金を請求したいところですが、相手の保険会社は金額をできるだけ抑えたい立場にあるので交渉には注意が必要です。

相手の保険会社から金額を提示されたらその見極めが肝心ですが、被害者に知識がないと正当な金額を交渉するのは困難です。しかしそのまま合意してしまっては損をしてしまうので、弁護士の先生にサポートしてもらうのが安心です。 交通事故専門の弁護士の先生は、被害者の味方という立場で賠償金の交渉をしてくれます。正当な基準で交渉してもらえるので、最初に保険会社から提示される金額の大幅な引き上げが可能です。

満足できる交通事故慰謝料を

事故発生後に受け取る交通事故慰謝料ですが、結果としてどの様になれば成功と言えるのでしょうか。それは双方にとって満足できる交通事故慰謝料となる事でしょう。しかし、交通事故慰謝料については、お互いに利害関係がありますので、そう簡単にはいかない事もあります。

そして、交通事故慰謝料において不満を抱く事が多いのは何と言っても被害者です。交通事故慰謝料において不満を感じる時には、法的手段を用いて、弁護士から自分の主張を相手に伝えるという事もできます。その際に、怪我の状態を正確に示すという事が大切になりますので、医療機関における診断書やカルテなどは、証拠として非常に重要となります。

過失割合がカギとなる交通事故慰謝料

どの様な交通事故が発生したのかという事によって、交通事故慰謝料の具体的な数字は違ってきます。そして、交通事故慰謝料が決定される際には過失割合がカギとなる事もあります。交通事故慰謝料は過失の有無でも結果は違ってきますし、また過失の割合でも交通事故慰謝料は変化する事となります。

被害者に大きな過失がある場合には、交通事故慰謝料を受ける事が基本的には可能ですが、過失の分を差し引かれてしまう事になります。怪我が大きくて治療費がかなり必要となった場合でも過失があれば、あまり多額の金額を受け取るという事は難しくなる事もあります。普段から安全運転を常に心がける事は大事と言えます。

交通事故慰謝料と自転車について

交通事故というと自動車と歩行者を思い浮かべてしまいますが、自転車と歩行者の場合も交通事故になり、交通事故慰謝料を請求になる場合があります。具体的な事例としては高校生のGさんが音楽を聞きながら自転車を運転していた所、前を歩く老人にぶつかってしまい、全治2週間の怪我を負わせてしまいました。

その際には交通慰謝料として治療費などの支払いが命じられました。これが人を引いて最悪亡くなってしまった場合には何千万の慰謝料につながります。近年自転車のマナーも厳しくされており、乗る側の意識を高めることが求められています。

交通事故慰謝料の知識がない場合も大丈夫

知識を持っていなくて、何をすればいいかわからない、金額も判断できないと思っている状況はあります。交通事故慰謝料は、事例が多くありますから、それを見て判断しても大丈夫です。事例を見ないとわからないことも多々ありますが、これを弁護士がしっかりと示して、安心できる説明も行なってくれます。

今まで支払った金額から、適切となる交通事故慰謝料を示してくれますから、わからない方も支払いが可能です。もちろん受け取る側も、今までの結果から適切な金額を知ることができますので、明らかに足りないなどの状況を生むことがなくなります。

交通事故の慰謝料に関する記事