交通事故による慰謝料の悩みや不安は弁護士に相談して解消しよう。

基本情報

必見情報サイト

有用情報サイト

交通事故慰謝料を弁護士に相談

相手より言い渡された交通事故における示談金もしくは慰謝料の金額が気に入らない、受け入れられないという時には、仕方なくそのまま受け入れる必要はありません。

その時には、交渉する事で示談金もしくは慰謝料の金額の変更の交渉を行う事ができます。

しかし、交通事故の加害者に対して直接示談金や慰謝料の話をするのではなくて、保険会社と話をする事になります。

ですので、そういった交通事故の知識がない人がどんなに粘って交渉しても、交通事故慰謝料など納得いかない結果で終わってしまう事も考えられます。でも諦めるのはまだ早いかと思います。

交通事故における交渉の経験が豊富な弁護士に相談する事で、交渉を代行してくれます。プロとプロが話をする事で、もしかすると上手くいくかもしれませんね。

交通事故慰謝料の平均相場はどれくらい

交通事故慰謝料の平均相場は死亡した場合に支払われる金額は子供や老人や一家の大黒柱などそれぞれの立場によって開きがあります。同じ内容の事故であったとしても老人と一家の大黒柱であれば1000万ぐらい違ってしまう場合もあるのです。

また弁護士基準と任意保険基準でも違いがあって死亡した場合に任意保険基準では1000万台になってしまいますが、弁護士基準ならば2000万円台から3000万円台になる可能性もあるのです。 この違いを埋めるには交通事故慰謝料に詳しい弁護士に依頼して出来るだけ高い額を得るようにする事が大事です。

入院期間と交通事故慰謝料

交通事故による怪我でどの位の期間入院していたのかという事については、その期間の長さが交通事故慰謝料の金額を増減させる事もあります。交通事故慰謝料については、医療機関とのやり取りも大事になってきます。

入院期間が長くなればなるほど、交通事故慰謝料の金額は高くなります。交通事故慰謝料の金額というのはケースバイケースで大きく異なります。また、交通事故慰謝料は精神的苦痛に対して支払われる物となりますので、たとえ入院が発生していない場合でも支払われる事は多いにあります。いろんなケースがあるので、さっと目を通しただけではいくらになるのかという事は分かりにくい事もあります。基準を元に計算しましょう。

被害者が妊婦の場合の交通事故慰謝料について

妊婦が交通事故に遭った場合、切迫早産や子宮破裂といった妊婦自身の怪我だけでなく、産まれてくる子供に対しても交通事故慰謝料を請求することができます。ただし慰謝料請求には時効があり、3年で時効になります。出産してから示談を行うケースでは、最初の示談時に、胎児に対しては出産後に別途請求するという取り決めが必要となります。

また、産まれてきた子供に障害があっても、交通事故と因果関係が認められなければ、慰謝料は発生しません。交通事故はこのように特殊な分野であるため、交渉を依頼する弁護士を選ぶ際は、交通事故を専門に扱っている弁護士が推奨されます。ここで弁護士の手腕により、子供の障害が交通事故に起因すると立証できれば、その分、増額して交通事故慰謝料を得ることが可能です。

その他、事故によって流産してしまった場合ですが、まだ産まれていない胎児に損害賠償請求権は生じません。その代り、母体に対する不法行為と見なされ、慰謝料が増額します。妊娠後期の方が、妊娠初期よりも増額される傾向にあります。夫の側も精神的苦痛を得るため、夫にも慰謝料請求権が認められることもあります。また、不妊治療をしていたなどの事実から、増額するケースもあります。

症状固定に注意したい交通事故慰謝料

症状固定が言い渡された場合には、それ以降は大幅な交通事故慰謝料の変更などは難しくなります。そのため、交通事故慰謝料の金額をアップしてほしいなどという事があった場合には、すぐにアクションを起こす事といいでしょう。

この等級で納得がいかないという時には、交通事故慰謝料が変動する可能性もあります。後に交通事故慰謝料が変化する事もありますので、可能であれば弁護士に交通事故慰謝料の適正を判断してもらって、何かあった場合には、しっかりと医療機関や保険会社と話をするという事が必要になるのではないでしょうか。問題はいつでも解決できるという分けではなく、タイミングが限られてしまいます。

交通事故慰謝料に関する相談費用について

死亡事故に対する交通事故慰謝料の相談にはいくらくらい弁護士の費用がかかるのでしょうか。弁護士に依頼する際には基本的に着手金と呼ばれるものが必要です。こちらは依頼内容の結果に関わらず支払わなくてはならないもので、契約金みたいなものだと考えておくといいでしょう。

また報奨金ですがこちらは1件20万円+得ることができた金額の20パーセントが相場と言われています。着手金に関しては弁護士事務所によって費用が大きく異なっているので事前にチェックしておくことが必要です。(法律などでは着手金はいくらまでという規制がない)

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故に関する記事