交通事故による慰謝料の悩みや不安は弁護士に相談して解消しよう。

基本情報

必見情報サイト

有用情報サイト

TOP > 交通事故慰謝料

目次

  1. 金額が大きい交通事故の慰謝料は弁護士に相談
  2. 交通事故慰謝料の交渉のことならば
  3. 交通事故慰謝料は介護が必要になると高額になる
  4. 顔面醜状の症状と交通事故慰謝料の金額
  5. 死亡事故の相談は弁護士へすべき
  6. 弁護士が交渉する交通事故慰謝料
  7. 後遺症状のある交通事故慰謝料
  8. 休業損害を含む交通事故慰謝料
  9. 専業主婦の休業損害における 交通事故慰謝料
  10. 交通事故慰謝料はどこに相談するのがいいか
  11. 外国人が被害者の場合の交通事故慰謝料について
  12. 交通事故慰謝料の内訳ついて
  13. 弁護士基準(裁判基準)の交通事故慰謝料
  14. 交通事故慰謝料の相場はいくらか
  15. 交通事故慰謝料の妥当性

金額が大きい交通事故の慰謝料は弁護士に相談

怪我のために仕事ができなくなってしまったり、寝たきりになってしまったりと、その後の人生がこれまでとは全く違ったものになってしまう可能性がある交通事故慰謝料というのは、想像できない様な金額になってしまう事もあります。

プロの視点から見て適切であるのか判断してほしい場合、そして不適切な場合には適切な交通事故慰謝料になる様に相談したいですね。

交通事故に関する案件について経験が豊富な弁護士の所で相談するといいでしょう。相談すれば後は、必要な交渉などは行ってくれますので、自分ですべて対応する必要はないそうです。気持ちが少しは楽になるのではないでしょうか。

気持ちの面においても早く元気になりたいですね。

交通事故慰謝料の交渉のことならば

交通事故に遭った場合に重要となるのが、慰謝料の問題です。被害者であっても加害者であっても、この問題は避けて通ることは出来ません。交通事故慰謝料の交渉にはさまざまな手段があります。

当事者以外にも、保険会社や弁護士が関わってくることがほとんどです。保険会社や弁護士はその道のプロなので、交渉の際に味方になってくれれば心強い存在となってくれるでしょう。

保険会社はその保険に加入していることでその事故を担当してくれますが、弁護士の場合には自分で探したりする必要があります。

交通事故慰謝料専門の弁護士もいるので、そういったプロを探してみるのもひとつの手です。

交通事故慰謝料は介護が必要になると高額になる

交通事故慰謝料には、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の2種類があります。入通院慰謝料は、自賠責保険の保険金支払い規程で1日あたり4200円が院慰謝料として支払われます。後遺障害慰謝料は、追突された側の人が後遺障害として認定された場合に支払われる慰謝料です。

重度の後遺障害で、神経に相当以上の障害を残して常に介護が必要な場合だと通常の後遺障害慰謝料よりも高く請求されます。

どちらの交通事故慰謝料も一定の額を超えると慰謝料を請求された側が、不当と申し付け裁判になったりと大変揉めます。

被害者の中には精神的苦痛を理由に、多額の慰謝料を求める方もいらっしゃいます。

しかし、交通事故慰謝料は様々な項目にチェックを入れて、その項目に沿って支払われる事が多いです。

交通事故に関する記事

顔面醜状の症状と交通事故慰謝料の金額

交通事故のトラブルのひとつとして、顔面醜状の対応の仕方については、それぞれの医師や弁護士などの判断に大きく影響を受けることがあります。

特に、多額の交通事故慰謝料を受け取ることによって、満足のゆく治療を行うことができるケースがあるため、積極的に経験豊富な弁護士や司法書士などにサポートを依頼することがおすすめです。

最近では、交通事故慰謝料に関する問題に詳しい弁護士の取り組みについて、数々のメディアで特集されることが増えており、顔面醜状の悩みを解決するにあたり、複数の専門家の助言を受けることが肝心です。

死亡事故の相談は弁護士へすべき

交通事故で死亡事故が起きてしまった場合、特に被害者の遺族は弁護士に相談をした方が、きちんとした賠償金や慰謝料を得ることができます。

支払う側は任意保険に入っていることが多いため、賠償については保険会社との交渉になりますが、保険会社は支払いを低くしようとします。

これは、営利企業であるから仕方のないことですが、被害者の遺族からすればたまった物ではありません。

そのため、そういったリスクを回避するためにも、交渉力にたけている弁護士に示談交渉を依頼したほうが、良い結果につながります。

そして、交通事故弁護士の中には成功報酬のみで請け負う方もいるため、費用的にも安心です。

弁護士が交渉する交通事故慰謝料

どうしても受け入れる事ができないという交通事故慰謝料であったとしても、弁護士が交渉する事によって、金額が変更となるケースもあります。

交通事故慰謝料における弁護士の影響は少なくないと考えられます。

また、途中で症状が出てしまい、交通事故慰謝料の金額が変更になるという事もあります。

なかなか保険会社に認めていただく事ができないという時には、交通事故慰謝料の事で弁護士に相談してみると、力を発揮していただく事ができるでしょう。

交通事故慰謝料は頑張って自分でトライしようと思っても難しい場合があります。プロの力を借りる事で前に進める事もあります。ぜひ解決に向けて努力しましょう。

後遺症状のある交通事故慰謝料

負傷により治療を行ったが、後遺症状が残る場合もあり、その場合には完治したケースとは異なる金額の交通事故慰謝料を受け取る事になります。後遺症状はこれからの生活にも影響が出るという事が予想されますので、受け取る交通事故慰謝料も多くなります。

後遺症状は時として、見た目では判断しにくい場合もありますので、症状が出ているという場合には、交通事故慰謝料に反映してもらう様にしましょう。

医療機関の診断書は交通事故慰謝料を決定する際の判断材料となる事もあります。

後遺症状のある交通事故慰謝料を確定するには、できるだけ慎重に進める事をおすすめします。双方が満足できるという事が大事でしょう。

休業損害を含む交通事故慰謝料

時として、交通事故慰謝料に休業損害が含まれる事もあります。重症であれば、出勤する事ができなくなりますので、もし交通事故が発生しておらず日常通りに仕事をしていたとなると稼げる費用を計算して交通事故慰謝料に含んでいただく事ができます。

交通事故に遭うと仕事の心配をする人が多いですが、交通事故慰謝料に休業損害が含まれる場合には、ゆっくりと回復に集中する事ができるでしょう。

しかし、学生の場合には交通事故慰謝料に休業損害は含まれません。交通事故慰謝料は、怪我の深刻さの他にも、あらゆる要素が関係しています。

計算によって金額が算出されていますので、誰でもわかりやすいでしょう。

専業主婦の休業損害における 交通事故慰謝料

サラリーマンが交通事故の被害にあった場合は、給与明細などで一日分の休業損害が明確にわかるものです。

ですが、家庭の主婦の事例では、休業損害が保証されていても、その金額は相手方の保険会社が独自の低い金額で提示されるケースが多いです。

もし、専業主婦の方が交通事故の被害に遭った場合は、保険会社が提示する、休業損害に疑問を感じてください。

弁護士が引き受けたある事例では、専業主婦の場合でも、休業損害に女性平均賃の日額基礎収入を見込んで、交通事故慰謝料が大幅に増額したケースがあるといいます。

また弁護士の費用については、弁護士費用特約のついた任意保険などがあれば、上限300万円まで費用の負担がありません。

交通事故慰謝料はどこに相談するのがいいか

交通事故慰謝料を請求する際、そのままでは相手の保険会社が自社の基準で金額を算定してしまうため、裁判所で認められる金額よりも低い示談金額となってしまうことがあります。

一方、弁護士に相談をしていれば、過去の裁判事例に基づいて交渉ができるので、慰謝料や賠償金が大幅に増額されることもあります。

交通事故慰謝料が妥当なものかどうかわからない場合、メールや電話などで無料相談を行っている会社も多数存在しますので、知らずに泣き寝入りをしないためにも相談してみるとよいでしょう。

むちうちなどの後遺障害が残ってしまった場合にも、後遺障害認定取得の手助けをしてもらえます。

外国人が被害者の場合の交通事故慰謝料について

外国人観光客が日本では増えていますが、それに伴って外国人が被害者となる交通事故も起きています。

実は外国人に対する交通事故慰謝料は、日本人に対する額と違うことがよくあります。まず、永住権を持っており日本で生活している方の場合は、基本的には日本人と同じ慰謝料になります。

しかし、所得の低い国から短期的に来られている場合などは、治療費などその国の所得に応じた額に減額される判例が出ています。

また、外国人を交通事故で死亡させた場合についても同様に相手の国の所得に応じた交通事故慰謝料が支払われるため、日本人と違う額が認定されることもよくあります。

交通事故慰謝料の内訳ついて

交通事故慰謝料は交通事故被害者の方が保険会社から払われる賠償金の一つです。慰謝料は賠償金の一部なので、賠償金の内訳をしっかりと把握する必要があります。(治療費、入院慰謝料、通院交通費、休業損害)

また、後遺障害慰謝料と逸失利益が別に支払われる場合もあります。

慰謝料=賠償金ではないので請求する妥当性と内訳を明確にする必要があります。むやみに請求しても妥当性がないと保険会社は相手にしてもらえません。

自分が受け取れる賠償金の項目を知り、正しい知識、計算方法、正当性をしっかりと確かめてから、手続きを行う必要があります。

弁護士基準(裁判基準)の交通事故慰謝料

弁護士基準(裁判基準)は過去の判例を基準とした計算方法で、毎年改定されていて弁護士が編集委員となっている専門家向けの書籍である赤本で公開されています。

弁護士基準は自賠責基準や任意保険基準より高額な基準となっていますが、当然弁護士費用が掛かるので被害者過失などが大きい場合や治療費が高額にならない場合などは、自賠責基準のほうが慰謝料を多く受け取れる場合もあります。

多くの弁護士事務所で無料相談などを受け付けていて気軽に相談できるので相談することをお勧めします。

弁護士基準の交通事故慰謝料は裁判を起こさなくても請求することが出来ます。

交通事故慰謝料の相場はいくらか

事故に会った時、保険会社から提示された金額が妥当なのかわからない方が多いでしょう。交通事故慰謝料の相場には計算方法があります。

自賠責基準は実際の通院日数の2倍の合計か、初診から治療終了までの期間の少ないほうに一日4200円をかけた金額が慰謝料になります。

任意保険基準は保険会社で計算方法が公表されていませんが、かつて使っていた全社共通の基準を今でも使っているようです。

弁護士基準は赤本などと言われ、過去の裁判の判例をもとにしています。三種の中で最も高額な慰謝料になりますが、当然弁護士費用が掛かります。

交通事故慰謝料の妥当性

交通事故慰謝料は、払ったことも、受理したこともない方も多いでしょうが、身近なところで起こっているものです。

まず、相場が曖昧で、相場の妥当性をどう検証するかが難しいところです。法律で、相場は明確にし、平等に配分する仕組みが必要かです。そこで、データベースの整備、蓄積が必要となります。そして、Ai を活用することで、みんなが損をしない仕組みを構築していくことです。

Ai がうまくいけば、弁護士などのハードルが低くなり、弱者にも優しい社会になります。ぜひ、データベースの蓄積を行うベンチャー、会社が今後の期待です。早く企業が出てほしいですね。

メニュー

TOP 交通事故 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料事例 むちうち慰謝料相場 遺産相続 相続手続き 遺言書作成 離婚