交通事故による慰謝料の悩みや不安は弁護士に相談して解消しよう。

基本情報

大阪の法律事務所では交通事故慰謝料や賠償金についての無料相談を受け付けています。

交通事故弁護士と早期に解決を目指そう。

必見情報サイト

有用情報サイト

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料事例 > 事例に基づき交通事故慰謝料を計算

事例に基づき交通事故慰謝料を計算しましょう

交通事故慰謝料を計算する方法はいろいろあります。一番高いのが弁護士基準で、他の計算方法と比べると倍以上になるケースもあります。弁護士基準がどうして高いかというと、過去の事例などを元に慰謝料を計算することが出来るからです。

裁判の判決を元に計算できるので、保険会社なども裁判を起こされたくないので、交通事故弁護士の要求を受け入れることが多く、要望が通りやすくなります。交通事故に遭われた場合には、弁護士に交通事故相談をして、過去の事例を元に算出してもらうようにしてください。慰謝料の相場を一気に引き上げる事が出来ます。

事例を元に交通事故慰謝料に明細は必要か考えてみた

交通事故の被害者は、やがて加害者側と示談交渉をすることになります。加害者側が提示する交通事故慰謝料は、自賠責基準で算定されていることがほとんどです。

加害者が任意保険に加入していて、任意保険会社が交渉相手となっている場合は、任意保険会社の自社基準と、自賠責基準を比較し、交通事故慰謝料額が低くなるほうの基準を採用して算定されます。

被害者側も、慰謝料額を弁護士基準で算出し、加害者側に提示します。その場合、加害者に慰謝料増額事由に該当する行為があった場合は、明細をつけることになります。

慰謝料増額事由に該当するのは、ひき逃げや証拠隠滅、否認、被害者への責任転嫁、加害者からの訴訟提起、飲酒運転、赤信号無視などです。加害者がこうした行為をいくつおこなっていようと、自賠責基準や任意保険基準では慰謝料の増額はありませんから、加害者側側が提示する慰謝料には、明細というほどの記述があることはないわけですが、加害者が慰謝料増額事由に該当していた場合、被害者にはそれを記載し、それによる増額割合や金額も明示する必要があります。

加害者が慰謝料増額事由に該当していない事例なら、弁護士基準で算出したと記載する程度でいいでしょう。

交通事故の慰謝料に関する記事

事例が複雑で交通事故慰謝料を考えにくい場合

事例が複雑な状況となっていて、かなり交通事故慰謝料を把握しづらい状況となっているなら、交通事故に関連している弁護士に相談してください。結構相談していることで、正しい数字が作られるようになったり、双方の意見を聞いてくれて最終判断をしてくれる可能性があります。

いい意見をしっかりと求めるようにして、正しい情報を知っていることで考えられる部分もあります。交通事故慰謝料を知りたいと思っているなら、事例について正しい情報を提供するのはもちろんですが、それ以外にも色々な状況を知ってもらい対応を協議するのです。

メニュー

TOP    交通事故     交通事故慰謝料    交通事故弁護士     交通事故相談     交通事故慰謝料事例     むちうち慰謝料相場    遺産相続     相続手続き 遺言書作成    離婚

交通事故慰謝料の事例について知る

交通事故慰謝料事例について知る事は、万が一の交通事故の際に役立てることができるでしょう。交通事故に関してはできる限り関わりたくはありませんが、いつどこで巻き込まれるか予測もつきませんので、常日頃から用心しておくべきでしょう。

交通事故に関しては一般の人にはわからない内容や、専門的な知識が必要になりますので、交通事故弁護士に代わりに対応をしてもらうことで、不足の事態においてもベストな方法で対応をすることができるでしょう。交通事故慰謝料に関しても、引き上げが可能になっているケースもありますので、依頼をおこなうことをおすすめします。

交通事故慰謝料を上乗せできた成功事例とは

交通事故慰謝料を上乗せできた成功事例で多いのが、弁護士に示談交渉の仲介に入ってもらうことです。慰謝料の算定には強制保険の基準や任意保険の基準、弁護士基準などがあるのですが、保険屋の担当者は任意保険の基準で交通事故慰謝料の交渉をしてきます。

この任意保険の基準は、弁護士基準に比べると低くなる場合が多いのです。ですからこの任意保険の基準で示談交渉がなされて成立してしまうと、本来もらえる慰謝料よりも少なくなってしまうことがよくあります。しかし弁護士に示談交渉をしてもらえば、弁護士基準で交渉に当たってくれますから、慰謝料の額が増える可能性があります。

実際弁護士に示談交渉を任せたことによって、数百万円も慰謝料を上乗せできたということもあります。もちろん弁護士に依頼するとお金がかかりますから、見込める慰謝料の増額分と弁護士費用とを勘案して雇うかどうか決める必要があります。弁護士は相談は無料で行っている場合も多いので、とりあえず相談だけしてみるといいでしょう。

そして大幅な増額が見込めそうなら正式にお願いするのです。ちなみに、自力で弁護士基準を持ち出して交渉したらいいのではと考える人もいるかもしれませんが、素人にはなかなか難しいですし、保険屋の交渉担当者に相手にしてもらえない可能性が高いので、やはり専門家にお願いすべきです。