交通事故による慰謝料の悩みや不安は弁護士に相談して解消しよう。

基本情報

必見情報サイト

有用情報サイト

交通事故慰謝料は弁護士相のTOP > 交通事故相談

目次

  1. いつでも交通事故相談ができる弁護士
  2. 加害者の交通事故相談について
  3. 交通事故相談で過失割合についてのアドバイスを
  4. 交通事故相談の補償についての相談
  5. 交通事故相談の相談番号について
  6. 日本損害保険協会の交通事故相談について
  7. 交通事故相談をしておけば安心することができる
  8. 交通事故によるむちうち慰謝料相場
  9. 交通事故慰謝料相談をしよう
  10. 弁護士が介入する交通事故慰謝料について
  11. 巻き込まれた事故の交通事故慰謝料
  12. 通院の場合の交通事故慰謝料
  13. 交通事故相談に弁護士を利用する
  14. 加害者側が交通事故相談する意味
  15. 交通事故相談はお早めに

いつでも交通事故相談ができる弁護士

夜間や休日に交通事故が発生する可能性もありますので、すぐに交通事故の件で弁護士に相談したいと思っても、営業時間の関係によりすぐに相談できない事もあります。

しかしながら、弁護士事務所の営業自体は行っていなくても、24時間いつでも好きな時に交通事故相談ができる弁護士事務所もあります。

電話対応などを行っていれば、その時点で相談を行う事ができますね。交通事故の直後に弁護士相談をするメリットとしては、警察への対応も代行してもらえる、少しでも気持ちが楽になるなどという事が考えられます。

交通事故の問題を一人で抱えるのではなく、早く弁護士に話して、早くいつもの日常に戻りたいですね。

加害者の交通事故相談について

現在、日本は誰もが車やバイクを持っていて日常生活の移動手段として切り離すことが出来ない存在です。しかしとても便利な物ですが交通事故が起こってしまう危険が常に伴います。

交通事故を起こしてしまった加害者は精神的にもきんせんてきにも辛く、中々人に相談できません。そんな人のために市区町村や弁護士などに交通事故相談が出来ます。

誰かに相談する事で精神的にも楽になりますし、やはり加害者はパニックになってしまうので相談する事で第三者からの冷静な意見をきき、解決していく事ができます。また、実際に知人に相談するよりも話しやすく、気兼ねなく相談できます。

交通事故相談で過失割合についてのアドバイスを

交通事故の損害賠償請求では、実際に自分が被った損害額のうち、自分の過失割合にあたる分は差し引いて相手に請求することになっています。

これを、過失相殺と言います。過失割合は交通事故の時にどのくらいの落ち度や不注意かあったかを示すものです。

交通事故に巻き込まれてしまったら、事故発生の直後に弁護士への交通事故相談をしておくと弁護士からのアドバイスがもらえます。

過失の程度は、相手に請求できる賠償金の額を左右しますから、交通事故が得意な弁護士への交通事故相談は必須です。

交通事故が得意な弁護士に交通事故相談をしてサポートしてもらうことで、受け取る賠償金を大幅に引き上げることも可能です。

交通事故相談の補償についての相談

最近では交通事故相談が無料でできる所が多く存在しています。特に相談するにあたって気になる事が補償についてです。損害の種類や過失の割合などを見て損害額算定までをしてくれたりと細かい所まで見てくれます。交通事故相談ではその補償を誰にどのように請求するのかなど相談が初めての方でも聞きやすい施設が多いです。

加害者や被害者でも関係なく相談に乗ってくれるので相手や保険会社に委ねるのではなく、一度そういった相談所に行く事をおすすめします。

もちろん、交通事故を起こしていなくても素朴な疑問でも丁寧に答えてくれるので知識不足の方も利用してみてください。

交通事故相談の相談番号について

交通事故が起きてしまった時に不安にもなりパニックにもなることが多いです。そんなときに交通事故相談を聞いてくれる相談番号というものがあります。

この番号は交通事故が起きたときに相談にのってもらえる場所です。加害者になっても被害者になったとしても相談することで少しでも不安を和らげることができるとして交通事故相談があります。

専門の人に相談にのってもらえることで自分の考えがあっているのか被害者への対応がスムーズになるといえます。

事故が起こったときには事故相談に電話してみることでよい方向にいくことにつながります。

日本損害保険協会の交通事故相談について

日本損害保険協会とは、損害保険に対する相談をしたり、紛争の調停をしたりするところです。交通事故相談は、主に損害賠償の請求について行うことができます。

ふつうの人にとって、事故に遭うことはめったにないため、いざ事故に遭ってしまった場合にどうしてよいのか困ってしまうことが多いです。

そういった時に、日本損害保険協会に交通事故相談をすることで、具体的な方法を教えてもらうことができます。

また、交通事故被害者のためにという名称の冊子を無料で配布しています。これには、損害賠償のことについてわかりやすく書かれているため、被害者の方は請求すると良いでしょう。

交通事故相談をしておけば安心することができる

交通事故相談をすることで、安心することができます。なぜなら、交通事故トラブルをどうすればよいのかということについて、専門家のアドバイスを受けることができるからです。

自分一人で調べて行動する場合は、それが正しいかどうかわからないため不安になりますが、弁護士の見解を交通事故相談で聞くことができれば、ただし情報を獲得することができるため、そういった不安は生じる余地がありません。

交通事故トラブルはあとから問題が大きくなってしまわないように、早めの相談をするのが適切です。無料で交通事故相談をしてくれる弁護士もいるので、活用しましょう。

交通事故によるむちうち慰謝料相場

交通事故に遭ってしまったときに発生する手続きについて、個人で対応しようとするのは避けましょう。

交通事故トラブルについてかなり知識を有している方なら問題はないのですが、素人の場合は本来貰えるむちうち慰謝料相場よりもかなり低い金額の慰謝料しかもらえないなどの事態が起こりやすいのです。

そこで頼りになるのが交通事故弁護士という方たちです。彼らは交通事故トラブルについて豊富な知識を有していて、被害者に損がないよう相手方の保険会社と交渉してくれます。

そのため、双方にとって適正な金額を得ることができて、円満な解決に導いてもらえるのです。

交通事故慰謝料相談をしよう

自動車を自分で運転する方であれば必ず保険に入っているので、事故が起きたときも保険を利用して適切な行動をとることができるでしょう。

しかし、交通事故は自動車同士であると限りません。歩行中に交通事故に遭い、損害保険などに入っていなかった場合は、交通事故弁護士に相談しましょう。

交通事故慰謝料の交渉をはじめ、後遺障害が残ってしまった場合には認定取得のサポートもしてもらえます。

弁護士に相談すると高くつくのではないかと心配になる方もいるでしょうが、近年では初回無料相談を設けているところも多く、交通事故の相談と合わせてどのくらい依頼料がかかるのかを聞いてから正式に依頼をするかどうか検討しやすくなっています。

弁護士が介入する交通事故慰謝料について

交通事故慰謝料を請求するときに、相手方の保険会社と交渉する場合は、注意が必要です。被害者本人が交渉するのと、弁護士が介入して交渉するのを比べると、弁護士が交渉した方が多くのお金をもらうことができます。

その理由としては、保険会社も示談をするためには手続きが必要であり、被害者に弁護士がついているかどうかで、決裁内容が異なることが挙げられます。

保険会社は営利団体なので、治療費を極力支払わないために、治療の打ち切りを迫ることもあります。

しかし、弁護士が介入していればそれを要求しにくくなるのです。

そのため、交通事故慰謝料を請求する際には、弁護士に依頼した方が示談の内容が有利なものとなります。

巻き込まれた事故の交通事故慰謝料

車などを運転していたり歩いていた時に事故に巻き込まれたりすることがあります。

この時自動車であれば任意保険や自賠責保険から治療費や修理代が支払われますます。これと別に精神的苦痛などの理由で別途払われるのが交通事故慰謝料です。

交通事故を起こした原因や怪我の程度で金額は大きく変わり、数十万円の場合もあれば数百万の場合もあります。

希にもっと高額の場合もあります。一般的には保険会社や個人間での交渉で決める交通事故慰謝料よりも弁護士を通して行う交渉の方が同じ事故でも高額になることが多いです。こういう時に便利な自動車保険の特約に弁護士特約があります。

通院の場合の交通事故慰謝料

交通事故によって外傷を負った場合、一般的に入院期間や通院期間によっても交通事故慰謝料は変わってきます。

しかし、通院による治療の場合は、注意も必要です。その理由は、仕事や家事などで忙しいからといって、きちんと病院に通わないと、期間が長くても慰謝料が減額される可能性があるからです。

さらに、通常の怪我とむち打ちでも慰謝料の計算額が違うため、通院期間が長ければ必ず慰謝料が高くなると限らないものです。

また、相場の交通事故慰謝料を請求するためには、弁護士に相談することが近道で、被害者本人が保険会社に相談を持ちかけても、最低限度のものしか支払われないことが一般的です。

交通事故相談に弁護士を利用する

交通事故相談を弁護士にすることによって、慰謝料の増額が望めます。

ですが、交通事故の分野を専門に扱っていない弁護士では、高額な示談金が得られない場合もありますので交通事故弁護士を探す方が良いです。

探し方は、インターネット情報や知り合い、相談会などが一般的です。

そして、交通事故弁護士を利用する他のメリットですが、保険会社との交渉の際に相手の言いなりになってしまうことを避けられたり、事故の過失割合がどれくらいなのかを知ることができます。

さらに、後遺症が残った場合には後遺障害の認定が必要ですが、症状を反映した診断書を病院に書いてもらうためにはどうするべきなのかといったことを弁護士が教えてくれます。

加害者側が交通事故相談する意味

弁護士に交通事故相談をしても慰謝料の大幅な軽減などが実現するケースはほとんどありません。

交通事故の加害者が交通事故弁護士に弁護の依頼をする最大のメリットは被害者との間で示談交渉が実現する可能性が高いことです。

交通事故後、被害者が感情的になっているときに加害者が直接連絡を取っても面談に応じてくれることも多くないですし、対応を誤ると示談に応じてくれなくなるケースもあります。

加害者本人より弁護士が連絡を取ることで被害者の感情的な拒絶へのハードルが下がり、示談交渉をスムーズに進めることが出来るようになるケースが多いです。

交通事故相談はお早めに

思わぬ事故に相談した際、被害状況にもよりますが、事後処理に数ヶ月から半年以上かかるのが一般的です。

速やかに事態を収束させるためには、適切な処置を取れるよう早めに交通事故相談するのが大切です。

加入している保険会社に何が適用できるかを確認するのはもちろんですが、提示された慰謝料額が妥当かどうかを交通事故弁護士にアドバイスしてもらうとよいでしょう。

また、入通院に対する慰謝料には各保険会社によって基準が設けられていて、一定期間を過ぎると保障が打ち切られてしまうこともあります。

保障が打ち切られたからといって痛みを放置する訳にはいきませんから、このような不服の事態に対しても交通事故弁護士が頼りになります。

交通事故相談は弁護士法人みお綜合法律事務所

弁護士事務所弁護士法人みお綜合法律事務所
大阪事務所〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
最寄駅JR大阪駅すぐ。
大阪メトロ御堂筋線梅田駅徒歩5分
大阪メトロ四ツ橋線西梅田駅徒歩5分
阪神電鉄梅田駅徒歩5分
阪急電鉄梅田駅徒歩10分
TEL 06-6348-3055
京都事務所〒530-0001
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
最寄駅 JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL 075-353-9901
神戸支店〒530-0001
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
最寄駅 JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL 078-242-3041
受付時間 月曜~土曜 9:00~17:30
URLhttps://www.miolaw.jp/

交通事故の慰謝料に関する記事

メニュー

TOP 交通事故 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料事例 むちうち慰謝料相場 遺産相続 相続手続き 遺言書作成 離婚